墓地の帰り道

ネットの隅っこでぐだぐだ。

もろもろ最終回手前

だいたいのアニメが残り1話になってきた。
・SHOW BY ROCK!# →
みんなで戦うぞ!って展開から全員あっさり拘束されるのも笑うし、そこにメープルロボっていう斜め上っぷりも笑える。
シリアスになりそうであまりなっていないのはSBRの魅力というべき点だと思ってるから、コレでいいんじゃないかと。
登場時にはぶっさいくだった闇の女王が、元美少女設定を経て普通に美女化してた。まぁ、普通に浄化エンドかな。
あとはシアンを元の世界に戻すにあたってどうするか、だが。もう行き来自由にして良くない?…さすがに二重生活はシアンの負担が重過ぎるか。


灼熱の卓球娘 →
合宿で最終回を迎えるという、よそではまず見ない〆方になりそう。実質10話が最終回だった感。
ライバル出すだけ出しておいて試合シーン一切なさそうなのもある意味凄いw
普通こういう展開だと分割二期でしたーとかあるもんだが、この作品の場合原作ストックろくにないからなあ。
原作1コマの部分でアニメオリジナルを2話作り上げ、原作ファンから不満らしきものがほぼ見られないという凄い仕事をしたスタッフだから、どうしても二期が作れないとも断言できん。
とりあえずは、どう〆るのかお手並み拝見。


・ナゾトキネ →
最後までOLがきゃんきゃんわいわいしてるだけのアニメだったw
解音の「当然非処女ですが何か?好きな体位は後背位ですが何か?」みたいな感じ嫌いじゃないw
このアニメ、円盤にできるのかな…。公式サイトにも一切告知ないし。
最終回後の12/23にリアルイベントがあるみたいだし、告知あるとしたらソコなのか。
いや、売れるとは全く思えないし自分もわざわざ買わないとは思うが。値段と特典次第ではワンチャン…


・あにトレ!XX~ひとつ屋根の下で~ →
さくらの出番少なすぎた。担当回一度だけかいな。
………さくらの設定がJSじゃなかった時点で、そこまでのこだわりはなくなってるけども(身もふたもない)


響け!ユーフォニアム2 ↑
終始一貫して凄かった。
あすか回は言うまでもないとして、他もケチのつけようがない。
滑稽だったのは、11話に対する反応。他人の感想拾い読みするだけで笑いが止まらんwww
そりゃ経験ないから仕方ないのかもしれないけど、恋愛ネタに耐性なさすぎるだろwwwこんなん草生える


・装神少女まとい ↑
ゆまちん回の後は低調に推移するかなーと思っていたが、なんのなんの。なかなか魅せてくれる。
…まといを送り出す大人たち(父親ーズ除く)に関しては、結局あの手この手で背中を押そうとする本音を感じたがwある意味リアルだしそれはそれで。しおりが旅立った場所へ弥生さんがまといを連れて行くシーンの圧力よw


奇異太郎少年の妖怪絵日記 →
特にどこがどうってほど面白いわけではないにせよ、すずも雪ん子も可愛かったしストレスなく見ることができた。
これっきりで終わるのはちょっと残念。


魔法少女なんてもういいですから。(セカンドシーズン) →
いまさら突然のシリアス!
予想外すぎるが、まぁせっかく魔法が使えるんだから一度くらいはまっとうな活躍の機会が欲しいわな。
ミトンがクソ無能すぎて魔力がすぐ枯渇するせいで、泳ぎがうまい一般人以下の活躍っぷりだったけどな…;


ステラのまほう →
親ってな、子供が熱く創作論を語るくらいじゃそうそう絆されてくれないのよな…;


・終末のイゼッタ ↑
9話の展開から11話にかけてはだいぶ持ち直してくれた。
そもそもあの状況からイゼッタが助けられている時点で相当うさんくさいが。
先祖がゾフィーを裏切ったせいでこの事態になってるというのに、イゼッタにさらっと石を渡すジークさんはさすがとしか言いようがないw
ゾフィーの勝ちはもうないだろうけど、イゼッタが勝つのもモヤモヤが残るし厄介な設定だ。
ハッピーエンドと見せかけて最後の最後に魔力核が暴走して全世界を吹っ飛ばすエンドでもいいんじゃないかなあ。インガオホー


・ガーリッシュナンバー ↓
九頭もちーさまも反省しないクズだから成り立ってた話だけに、二人とも一気に崩して収拾つくのかよ?と思ってたら…。
結局二人とも別に反省とかせずに周りが勝手に褒めちぎってくれて復活しました、っつー。
アホくさ。あっさいチートラノベしか書けない渡の実力がよくわかる話だったな。
一番絶望的なのはこの展開がそこそこ評価されていること。つまり、渡は実力はともかく商業的にはとても正しい。
そういう意味で、この作品は「アニメ界なんざゴミ溜め」ってことをたしかに表現しきっていたのだな。
八重は腹黒と思いきや結局いい子、七海は一貫して天使。キャラも表裏あるように見せかけてぺらっぺらの一枚板だった…