読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墓地の帰り道

ネットの隅っこでぐだぐだ。

ブレイブソードxブレイズソウル

(17/04/14追記)
ここに記載されているのは概ね2016年内までの内容で、基本事項以外は多くが陳腐化している。
魔剣、ソウル、結晶すべてのバリエーションが大幅に増えているため、今となってはまったく的外れな記述も多い。
(ルビー稼ぎにぽんぽんの事すら書いていないレベル。また、統一戦の戦略も大きく変わっているため参考にならない)
今でもそこそこ検索に引っかかってしまうようなので、念の為。


(以下は16/07/08記~2016年下半期に一部追記)
自分用覚え書きであり、読みやすさも正確性も考慮していない。検索で来た人はそのつもりで読み飛ばしてほしい。
「ブキダスはどの魔剣がどの方針で出やすいか」は、書いてる奴が10連しか回さない人間だから全くわからないし書いていない。10連だと出にくい魔剣というのは間違いなくあるが(グラムなど)、ならば方針を選べば出やすいのか?と聞かれてもわからない。


16/09/15実装の記憶結晶については一応別途日記で書いた。。
イベントについてはこの記事で書くと長くなりすぎるから別途日記で。
以下、本作をブレブレと呼ぶ。


MMORPGの作業的な周回要素(レア掘りなど)を色濃く取り入れたソシャゲであり、キャラ萌え要素もさほど強くないため「作業」そのものを楽しめないと辛い。ソシャゲの多くは、モバマスにおけるスタミナのように「時間によって回復するパラメータ」でユーザーの行動量を制限しており、この制限を取り払うためには課金が必要となる。ブレブレにもスタミナの概念はある(MP)が、プレイヤーではなく使用キャラ(魔剣)に補給するものである。魔剣のMPが0になっても攻撃力が激減するだけでプレイは可能。また、MPの使用効率は魔剣ごとに異なる。


魔剣は3本で1セットを組む。MP効率が著しく良い魔剣が一部存在し、その魔剣のみMPを補給して他の魔剣はMP0のまま放置することで実質無限にクエストを続けられるランキングイベントがあった。上位獲得にはただただゲームに張りつき続ける時間のみが問われる恐ろしいイベントとなった。


また、討滅作戦(マルチプレイ、2~4人出撃)は、自分がホストを務める時はMPを消費するが、ゲストはMPが減らない。デイリー報酬のひとつに、討滅作戦でダイヤ(課金アイテム。本作には無償・有償の区分が無い)1個を獲得するものがある。獲得に必要な周回数は43。つまりそういうゲームである。最も時間がかからず、得られるレアアイテムも有益な「凶悪キノコリオン討滅作戦」の場合、一日中誰かしら部屋を開いている&敵が非常に弱く即死するので、この周回自体は30分~1時間程度で終わる。作業感を除けば、まぁできない話ではない。この作戦は少し育ったキャラを持っていれば敵を倒すのは2秒とかからない。しかし、部屋探し・ロード・結果表示の関係で、結局1周1分はかかったりする。
キノコリオン討滅作戦で得られるレアアイテムは、虹玉(魔剣の改造に必要。改造は1段階のみ)とエメラルド(魔剣のダメージ回復に用いる)が主なもの。虹玉の発生確率はおおむね5%と言われており、43周する間に2個ドロップすれば上出来、ということになる。


魔剣のレアリティはA,AA,S,SSの4種類。通常クエスト(モバマスでいうお仕事)で得られるのはAのみ。逆を言えばAはクエストでしか熟度上昇できないため、能動的な育成はかなり面倒である(熟度については後述)
ガチャからはAA,S,SSが出る。
降臨イベントという、確率で魔剣がドロップする期間限定クエストや討滅作戦があり、こちらはAAかSである。
また、メダル(ガチャや、一定のプレイノルマを果たすことで得られるアイテム)交換のみで得られる魔剣もある。これもAAかS。
さらに、イベントのみで支給される魔剣もある。これは必ずSである。イベント中の獲得ポイントで得られる魔剣であれば入手は楽だが、最終順位でのみ獲得できる場合、使い物になる状態での入手はかなり過酷。
それぞれガチャ魔剣・降臨魔剣・メダル魔剣・イベント魔剣と呼ばれる。
ガチャ魔剣は他の魔剣よりも隠しパラメータ(「バリア」と呼ばれる)による防御力が高い傾向にある。
特にSS魔剣(SSはガチャ魔剣しかない)に顕著で、守備パラメータがS魔剣と同じでも受けるダメージが明らかに違ったりする。


このゲームでは、魔剣が「ダブる」ということがない。所持数制限もない。しかし倉庫機能はある。(魔剣の整理以上の意味合いはあまり感じないが…)
同じ魔剣を入手(ガチャでも、降臨でも)すると、魔剣の「熟度」が上昇する。
熟度はレアリティによって上限が異なる。また、改造することで上限も上昇する。
AA,S,SS改造前の上限値は30,50,60。改造後の上限は45,75,99である。(Aは改造の仕様が特殊な魔剣があるのでとりあえず除外)
魔剣の熟度が上限に達した場合(「完熟」と呼ぶ)の挙動は、それぞれ以下の通り。
ダイヤを用いるガチャ:「ダイヤバック」という現象が起きる(熟度上限の魔剣を引くたびにダイヤが4個返却される)。ガチャでのダイヤ使用数は1回あたり5、10連がある場合は10回で45.
チケットを用いるガチャ:熟度最大の魔剣を引いても何も起きない。チケットはログインボーナスやイベント報酬で得られる。
降臨:ドロップしても何も起きない。改造前であればただの無駄になるため、改造しておく必要がある。
メダル:熟度最大になると、交換を選択することができない。
イベント:改造後熟度最大までしか取得できないよう調整されている。改造前で、なおかつ獲得魔剣がプレゼントボックスに送られる仕様の場合、熟度50に達してしまうと改造するまでプレゼントボックスから取り出すことが不可能になる。
熟度は「超強化の鍵」というアイテムで上げることも可能。鍵は他にも種類があるが、正直この鍵以外はハズレなので、本記事では「鍵」といえばコレを指す。以下、取得手段を示す。
「錬金」はイベントなどで獲得できる素材によるアイテムガチャ。「裏ショップ」は定期開催のショップで、アイテム購入量に制限がある(2016年7月から常設されるようになったが、購入量にはやはり制限がある。補充間隔は未告知)。
AA鍵:メダル交換、裏ショップでのダイヤ購入、週ごとの開催イベント(2回まで挑戦可)による確率ドロップ、錬金(高確率)
S鍵:メダル交換、裏ショップでのメダル交換(効率良し)、週ごとの開催イベント(2回まで挑戦可)による確定ドロップ、錬金(低確率)
SS鍵:メダル交換、裏ショップでのダイヤ購入、錬金(超低確率)
SS鍵はメダルだと800枚(通常ガチャ160回分に相当)、裏ショップでの価格はダイヤ80個、錬金はアテにできる確率ではない。
基本的には、先述のダイヤバックを活かしてガチャを回しまくるしかSS魔剣の熟度を上げる方法はないと考えていい。
熟度を上げることによる恩恵は以下の通り。
・レアアイテムのドロップ率が向上する(ただし、影響するのは先頭になっている魔剣の熟度のみ)
・魔剣の最大レベルが熟度1あたり5上がる(限界レベルを達成するために必要な熟度は、SSで38,Sで34。AA以下は容易なので略)
・魔剣のブレイズドライブ最大レベルが熟度1あたり2上がる(ブレイズドライブは魔剣固有の必殺技。レベルが上がると威力向上。限界レベルはSの場合50で、熟度26の時点で達成可能)
逆を言えば「これしか恩恵はない」ので、SS魔剣の熟度は38あれば十分である。99にすれば特有の称号を取得できるし、見せびらかすことがステータスになるし、リーダーにした場合の効果は熟度75のS魔剣より明らかに高いのだが、メダル5万枚に見合った恩恵かというと…。まぁ、廃課金の証明書としてはとてもわかりやすいため、俺tueeeeアピールには必須の要素といえる。


本作のガチャには先述の「ダイヤバック」があるため、課金を厭わないのであれば最大限に利用することが有効。
・ガチャAA魔剣はすべて熟度30にする(鍵を使うのが有効。裏ショップのAA鍵を買いあさって利用する) 改造が必要なら熟度は45まで上げる。
・ガチャS魔剣もすべて熟度50または75にする
ここまで行ければ、SS魔剣を引いた時を除きすべての引きがダイヤバックの対象になる。
自分は2016/07/08の時点でガチャAA魔剣はすべて完熟、特にガチャで出にくい一部のS魔剣を除いてほぼS魔剣も完熟している。
ここまで来るとガチャを回す目的は「まだ持っていない新魔剣を引く」「SS魔剣を引く」以外はメダルだけであるため、正直味気ない。
もっとも効率が良いのは。「10連がある」「おまけメダルが1回あたり10枚もらえる(通常は5枚)」ガチャで、月1~2回開催される。
この場合、ダイヤ45個使用・ダイヤバック40個・メダル100枚獲得、となり「ダイヤ5個でメダル100枚」という高効率。
ダイヤ175個が9800円のため、9800円でメダル3500獲得できる。
この状態ならば、熟度1のSS魔剣を熟度99に上げるのは 800*98/3500*9800 = 219520円で可能。まぁお得!
………現実的には、熟度3で引いて熟度38を目指すことになろうか。 800*35/3500*9800= 78400円。十分アレだが、重課金者なら普通に出せる額だろう。
机上論ではあるが。7月から一日一回だけよりお得なダイヤ購入が可能となっており、更に高い効率も目指せる。
…………ん?SS魔剣を引く可能性もあるだろう、って?
そんなものは誤差なのであまり考えなくてもいい。SS魔剣の獲得率は公開されていないが、自分の感覚だと0.1%かそれ以下である。月はじめの魔王祭(SSが出やすいらしい)ですら800連くらいでやっと出たし、アテにするものではない。4月に開催された一周年ガチャだけは狂ったようにSS出たけどね…


このようにSS魔剣の育成はSやAAと比べ格段に過酷…というか重課金必須に近い状態。ただしごくごく低熟度でも、そこらのS魔剣を育てきるより十分に強いSSもある。
………と書いたものの、七夕(7/8)にグラブルでいうサプチケ(好きな魔剣を選べるガチャ)が登場したため、熟度上昇はともかくとしてとりあえず強いSS魔剣が世に溢れることになった。内容は魔剣別項目で書く。


クエストと討滅戦については先述したが、このゲームには「統一戦」というプレイヤー同士の対戦が存在する。
開催時間帯が限られており、1日3回*各30分のみである(12:30-13:00,20:00-20:30,23:30-24:00)
特定のスキル(後述)を持つ魔剣の特定のソウル(後述)への組み合わせが異常に強いため、あまりゲームとして成立していない。
SS魔剣でなくても、強い組み合わせは可能であるためハードルはたいして高くない。
この組み合わせを揃えた上で、高速なスマホ(本作はAndroidより林檎のほうが遥かに処理が速い)で相手を瞬殺していくだけ。。
上位を取っても報酬がとてもしょぼく、上位を目指す人が少ないせいでかろうじて機能しているだけである。
特定の組み合わせが実現できない人にとっては理不尽なだけの退屈なゲームである。
勝利ごとに獲得できるコインでしか得られないソウルがあるため、上位に関係なく渋々プレイしている層はいる。ていうか自分。


魔剣別インプレッションの前に、魔剣の評価項目について。
(1)パラメータ
言わずとしれた戦闘の基本性能。
魔剣のプロフィール画面で確認できるものとして、攻撃・防御・ブレイクがある。ブレイクはガード外し能力で、ガードが外れた状態の敵は攻撃により大きなダメージを負う。
公開されていない隠しパラメータとして、バリア(先述)・速さがある。速さは、攻撃後に再び攻撃できるようになるまでの時間。
(2)モーション
魔剣ごとの攻撃動作。魔剣の攻撃は3段階に分かれており、それぞれにヒット数が割り当てられている。フルヒット攻撃力は、ヒット数に攻撃力を掛けたもの。
相手の守備力が高い場合は、低い攻撃力でたくさん殴るより高い攻撃力で一発殴ったほうが有利だったりするので、いちがいにフルヒット攻撃力だけで評価はできない。一応、ヒット数が多いとブレイズドライブゲージは溜まりやすくなる。
初撃が速く、初撃のヒット数が3段階の中で高めになっているほど強い(ソウルの項で後述)。
(3)属性と武器種
属性は火風水光闇の5種類。火風水は3すくみ(火>風>水(>火))、闇と光は互いが互いに対して大ダメージになる。火~闇の間などは、属性によるダメージ修正はない。同属性でも補正はない。敵にのみ、無属性が存在する。
武器種は長剣、投擲、戦斧など形状・用途による区分け。
(4)ソウルと適合
「ソウル」と呼ばれる武器の持ち手(武器ごとに任意に割当可、様々な種類がありイベント等々で入手していく)にはそれぞれ得意な武器種と属性があり、ぴったり合致(適合)すると飛躍的に魔剣の能力が伸びる。例えば「ケンゴウ」というソウルはS魔剣「正宗」を持たせると、正宗の攻撃力が10倍を越える。
適合ソウルがまったくない魔剣は割と多い。現時点で評価が低い魔剣も、今後の追加ソウル次第で化けるかもしれない。
魔剣のHPが低いほど攻撃力が上がるソウルがあり(ハイランダー、ソードマスター、ジェネラル)これらのソウルに適合し、なおかつ波動スキル(後述)を持つ魔剣がHPを3%以下まで削り*1、速さが十分に上がった状態*2で装備すると統一戦上位向け編成の出来上がり。速さが高い状態で一撃で相手を倒すと「ループ」という現象が発生し、次の相手も同じ魔剣で相手できる。このため「あいつ一人でいいんじゃないかな」の瞬殺3連が成立し、あとはコレを統一戦の時間いっぱい繰り返すだけである。控えの二人には基本的に出番はないが、魔力MAXの時や先頭が倒された時のためにレベルは挙げておくとよい。また、ボーナスポイントの関係で控えもHPを5%以下に削っておく必要がある。順位はプレイ持続時間と、無駄のない周回処理、そしてスマホの性能に任せることになる。………先述の通り、Androidだと結局お話にならないが。
(5)スキル
魔剣それぞれが、戦闘を有利にするための何らかの能力が向上するスキルを有している。通常1種類だが、2種類持っているものも居る。SSでも1種類しか持っていない魔剣があるし、Sだが2種類持っている魔剣もいるのでレアリティとはあまり関係ない。ただし、SS魔剣は後付でスキルの種類を増やしてもらえることがある。これによって強さが激変したSS魔剣も存在する。
大抵のスキルは、セット内で属性が合致する魔剣全てに影響する。全属性の攻撃力をアップできる魔剣も一部存在するが、アップ倍率が低いことが多い。自分自身にしか影響しないスキルも一部存在する。
勝ち組スキルは圧倒的に「波動」。攻撃力アップスキルであり、統一戦ではたいていのプレイヤーが波動持ち2~3本でセットを作っている。
他のスキル効果をざっと上げる。名前はどうでもいいし、効果のみ。だいたい有用な順だと思う。
自己攻撃アップ:波動と違って自分にしか影響しない。発動条件があり、「自分破損(HP50%未満)しているとアップ」「自分以外の同セット魔剣が全損するとアップ」「HPが高いほどアップ」などがある。このスキルを行かせる魔剣は、適合ソウルとの相性が良い一部のものだが、その一部が強烈すぎるので一番上に挙げた。詳しくは火Sアロンダイトの項に記す。
速さアップ:「速さ」は魔剣が再行動可能になるまでの時間。統一戦では、先頭魔剣をループ可能にするため稀に採用される。ループが必要なクエスト(特に、魔剣のレベルアップに必要なルビーを獲得するルビーパレード)では必須。クエスト等でのループは「ブレイズドライブが撃てる状態で、ブレイズドライブボタンを押し続ける」ことで可能になる。このループは3連撃をすべて出し切ってから再行動可能になるまで待機するため、統一戦のそれとは別物。
モーションアップ:魔剣の動作を早くする。統一戦は敵より先に攻撃を当てることが最重要であるため、初撃が遅い魔剣をどうしても統一戦で生かしたいなら必要。統一戦なんて特定の魔剣しか使わないだろ、と言われてしまえばお終いだが。クエストや討滅戦だと、魔剣の動きがとてもスムーズになるので操作していて気持ちがいい。ダメージ効率自体は、結局のところ波動のほうがいいと思う。ダメージ効率無視で、ひたすらヒット数だけ上げたいルビーパレードでは速さアップと同様に必須。
ブレイズドライブゲージ回復:waveあたり、スキルレベル分のゲージが増える。ガードでゲージを溜める必要がないため、ブレイズドライブ発動が裏条件になっている複数waveクエストや、回復ブレイズドライブによる魔剣のケアが楽になる。複数waveある討滅作戦に回復ブレイズドライブ持ちと一緒に投入すれば、味方の処理速度に関係なく魔剣を回復できるため非常に有効。ただ、このスキルと波動を両方持っている火SSカグツチは良いのだが、このスキル「しか」持っていない風SSイデアはとても不憫である…。
ドロップ率アップ:ルビーとサファイア(ブレイズドライブゲージ上昇)の2通り存在する。さらに、サファイアについては攻撃時の取得量上昇とジャストガード時の取得量上昇の2通りがある。アップ効果は自己のみで、セット内の他の魔剣は一切恩恵を受けない。かつては大して役に立たないスキルと思われていたが、ウルトラマリンが全てをひっくり返した。まぁ、ウルトラマリン以外はあまり活かせないスキルでもあるのだが。
もしかすると今後、虹玉やエメラルドなどレアアイテムのドロップ率アップスキルが来るかもしれない。…アイギスかよ。
防御アップ:有効なのは、波動とコレを両方持っているロンギヌス・カースだけで、守備アップしか持っていない魔剣は相手にもされないだろう。効果はなかなか高く、同じセットの水魔剣は明らかに堅くなる。
HP自己回復:これを持っている魔剣は2種類だけ(光SSオーア・ドラグ、水Sロンゴミアント)。Lv2だと、waveごとにHPが最大HPの1割回復する。1wave目は回復しない。多少の傷を負ってもそこらのクエストを歩いたり、複数waveの討滅作戦に参加するだけで回復できるため便利は便利。しょせん自己回復なので、先頭に据えて先頭だけダメージを負いつつ倒す、みたいな周回プレイ以外ではあまり有効ではない。
状態異常回避:即死属性攻撃、勇気分解(ブレイズドライブゲージ減少)、麻痺攻撃のそれぞれについて回避スキルがある。同時に複数の状態異常に対処できる魔剣はない。それぞれの状態異常を使いこなすタイプのボスと戦う時にのみ、使用を検討する価値がある。特に、自分自身が麻痺効果があるブレイズドライブを持っており、かつ麻痺を回避できる火S陽菜さまは麻痺ボスとの対戦適正が非常に高い。即死対策もまぁ有効なのだが、このゲームには「魔剣の最大HPと同じダメージを与えてくる」敵がおり、即死回避はコレには効かないのでちょっとしょぼい感がある。この攻撃はガード不能らしく、無傷勝利への対策は「攻撃される前に倒すか、麻痺or時止めブレイズドライブで行動不能状態をループさせる」しかない。ひでー。
攻撃範囲拡大:攻撃力が60%になり、攻撃範囲が敵全体になる。「~になる」とは書いたが、スキルなので必ず発動してしまう。このゲームは敵の大半がソロであり、たいていこのスキルは攻撃力が60%になってしまうデメリットしかない。敵が群れをなしてくるタイプのクエストに限定して使うことになるだろう。風Sロジーリリィは、水属性の敵が群れをなしてくるカエルイベント復刻ではすさまじく大活躍していた。とはいえ使い道を限ってしまうスキルには違いない。2016/08に闇SSオーア・ドラグに追加実装され、オーア使いの悲鳴が上がった。
ブレイクアップ:相手をガードブレイクしやすくなる。ガードブレイク状態は確かに与ダメージが増えるのだが、だからといってたいしてありがたいスキルとは言えない。今後、ガードブレイクしないと全然ダメージが通らないボスとか出てくれば注目されるかもしれない。
ガード時防御力アップ:空気。ガードに失敗したら莫大なダメージを食うような相手と対戦している時点で、育成が足りていないかその魔剣が弱すぎるかのどちらか。あってもなくてもどうでもいいスキル。
HPアップ:単に邪魔なスキルだと思って最下位に置いていたが、最近評価を改めているので上に上がりそう。
邪魔だと思っていた理由は、修理の手間が嵩むこと。このゲームでHPを回復する手段は修理・回復ブレイズドライブ・自己回復スキルのみであり、修理はレベルが高いと異常に時間がかかる(またはサファイアを食う)。自己回復スキルは上記の通りごくごく一部の魔剣にしかない。そして、回復ブレイズドライブは回復するHP量が一定(3000程度)。最大HPが高ければ高いほど回復が大変になる。
しかし、統一戦では体力の底上げがそのまま死ににくさに繋がる。また、瀕死編成する場合のHP調整にも幅ができる(削るのが大変だが)。


ソウルについては細かく書かないが、このゲームは魔剣というよりソウルを集めるゲーム、と言われる程度には重要。
2016年新作タペストリーに付属していた限定ソウル「クリムゾン」はなかなかにブッ壊れで、鬼の能力値補正に加えてブレイズドライブの使用ゲージが1本減るという特典までついている(さすがに0にはならないので、正宗あたりは損)。


ルビーパレードの稼ぎセットは「ヒット数が多く、素早い魔剣(2ラウンド目でループさせて稼ぐ)」「モーションアップ」「速さアップ」の組み合わせが推奨となる。
候補1:ファイアカード(攻撃所要時間が全魔剣中最短。攻撃担当)・バステト(モーションアップ)・ぎんいろ(速さアップ)
候補2:ウルトラマリン(スキルにより獲得ルビーアップ。攻撃担当)・ロンゴミアント(モーションアップ)・ぎんいろ(速さアップ)
16/07/13から自分は候補1→候補2に移行したが、稼ぎ効率はこちらのほうが遥かに良い。ただし、39万以上稼いでも39万しかもらえない。


魔剣個別インプレッションを下に記す。気が向いた時追加。基本的には、持ってる魔剣についてだけ書く予定。
レオとか、低熟度でしか持ってない&鍵で熟度上げできない魔剣も現状スルー。
AA以下にもそこそこ強い魔剣はいるけれど、使う機会がごく少ないので一部のみ触れる。
なお、文中に年齢を書く場合はすべて魔剣図鑑の年齢から13を引いている。この件についてはあえて説明を避ける。


・火SSレヴァンティン・ヘル
最古のSS…なのか?
にも関わらず、調整によるパワーアップを経て、今なお統一戦を勝ち抜くなら最強候補の選択肢だろう。
どこが強いというか、総じて普通に強いのがヘル。本作の顔役と言える。
ソウルについてはハイランダー運用で統一戦を勝ち抜くほか、クリムゾンに持たせても相当に強い。
2016年末発売予定のブランケットに抜擢された。尻がとんでもなくえろい。
・火SSフツノミタマ・カグツチ
ソードマスター適正があり、ヘルと並んで統一戦の候補ではある。
ただ、攻撃力ではヘルとの間にかなりの隔たりがあるため、ある程度の育成が必要。モーションも少々遅い。
カグツチならではの強みは、waveごとのブレイズドライブゲージ回復。
木曜日の曜日クエストがブレイズドライブ必須なので、ガードがめんどくさい時は連れて行くと楽。MP効率はアレだが。
・火SSリーゼ・ペシェ
引けてないので愚痴を書いておく。2500連して出ないとか、このゲームの通常ガチャはやっぱり狂ってるわ。フルダイヤバックだから、金はそんなにかからないけどね…(デレステでこんなに引いたら70万かかる。アンチラ事件だわ)
改造後波動5持ちであり、ヘル~カグツチ~ペシェと並べてヘルループの最大火力を狙う…以外の使い道は今のところ無さそう。火投擲向きのソウル無いからね…。ジャストガード時にHPが回復するようだが、こちらの効果の程は…引いてみないことにはわからないな(血涙)
・風SSゲイボルグ・ゼロ
風魔剣の中では最強候補。普通に風パーティを率いるほか、アンチロンギヌス・カースとしての評価が高まっている。適合ソウル「クリムゾン」の登場も大きい。
2種類の波動スキルを持ち、セット全体を強化するほか、同じセットの魔剣が倒されると攻撃力が上がる。
このため、セットの後ろに置くことで、前の魔剣を倒してきた相手を返り討ちにできる可能性が格段に上がる。
防御力もそこそこあるため、中途半端な水パーティは返り討ち必至だろう。
・風SSヴェロニカ=エフ
33歳(実質20歳)と聞いて、ろりっこスキーとしては引かなくてもいいかなーと思っていたが、シスター属性割とあるしおっぱいだしよこちちだしスリットだし、あと裏魔王祭だし、ということで引きにいった。なんとか出た。
改造後は波動6持ちになるため非常に強力だが、モーション初段の出が遅い。記憶結晶で補うなり、統一戦には波動だけに期待して後ろに回すなりの対策が必要。
風戦斧の適合ソウルはHP最大状態で運用できるならクリームソーダ、状況を選びたくないならラルルで安定といったところ(16/09/23時点)
・風SSカラドボルグ・エア
2016/08の強化によりエアの評価は大きく向上した。
強化後のフルヒット攻撃力はゼロを上回るが、ゼロが風の波動5なのに対して、全属性の波動4スキルなので少し見劣りする。また、ゼロに対するクリムゾンほどに相性の良いソウルがない。大剣だったらハイランダーで決まりだったのだが…。2016/08時点での自分はドラクルやシーフマスターを持っていないため、ケンゴウやハイランダーで妥協している。
攻撃モーション「王剣」がもっさりしすぎている問題は、2016/08の強化によりだいぶ解決された(同じ「王剣」モーションの風Sであるノーマル版カラドボルグはモーション据え置きなので、非常に不憫)。ただし、それでもなおゼロのほうが速い。
これだけ見ると「結局ゼロのほうが強いやんけ!」という感じだが、追加されたHP増加スキルにより、とんでもない体力を誇る。並の魔剣であれば回復がめんどくさい分デメリットになるのだが、ここまで多いとHP全快にこだわる必要性すら薄い。いっそハイランダーに持たせて常時HP30%以下で立ち回らせてもいいかもしれない。統一戦の防衛担当としても非常に心強い。全属性のHPが増加するため、まんべんなく防御力を高めることができる。
長々と書いたが、新生エアは「非常に優秀なサポートキャラ」という結論になる。特に統一戦では全属性の攻撃力と防御力(HP上昇による相対的な打たれ強さ)を向上できるため、全く相手に的を絞らせない恐ろしいバックメンバーとなる。また、2016/08のイベントで報酬として配布されたソウル「アンドロイド」は風闇の防御を60%上昇するため、より難攻不落の壁となる。
以前は水SSパ(レベルマオズ+ジェネラル・カース・リヴァイアサン等)はディルンウィンがギリギリ瞬殺できるため、火先頭のパーティをほぼ確殺できた。しかしエアの強化によりアロンダイト・火or風S・エア+アンドロイドという感じのパーティにするだけでほぼ勝ちは絶望的になっている。
2016年7月下旬開始のCMキャンペーンにて、無料配布されることが明らかになった(キャンペーン中のログインボーナスとして配布される交換チケット3枚をすべて使うことで交換可)。他の魔剣と交換することも可能だが、SS魔剣で配布対象となるのは彼女だけであり、広く流布することになりそう。水パお疲れ様でした(ちーん)
・風SSカタストロフ・イデア
かわいい。久野ボイスたまらん。よしよししたい。
…でも、スキルがwaveごとのブレイズドライブゲージ回復しかない。そりゃ統一戦で見かけるわけがない。
波動6…いや、それが贅沢なら波動5でもいい…が来れば自分もぜひ使いたい。追加はよ。
攻撃モーションが早めでヒット数が多いため、ルビーパレード稼ぎ要員の候補ではある。
ただしうかつにレベルを上げすぎるとMP0でもキノコをひねりつぶしてしまうため、注意が必要。
・水SSロンギヌス・カース
2016/07/08時点では、全魔剣最強とみなしていいであろう破格の強さを誇る魔剣。スキル調整前は防御アップスキルしか持っておらず「誰得」扱いだったが、波動6(改造後)を与えられたことで一躍最強の座に踊り出た。
攻撃力も高いがデタラメに堅く、苦手属性のゲイボルグ・ゼロ以外の攻撃ではそうそう容易に沈まない。まぁ、統一戦推奨構成(HP削って攻撃力上昇)にはさすがに耐え切れないが、返り討ち数を増やしたいだけなら先頭に水以外の弱め魔剣を置いて後ろにカースを置いておけば覿面だろう。
断罪魔剣向けのソウル・ジェネラルが適合であり、ジェネラルはHPを減らすほどに攻撃力を増す性質があるため、統一戦で先陣を切ることも可能になった。
SSを誰かひとり選ぶならカースを薦める。実際、七夕開催のガチャでSSが自由選択できた後、統一戦にはカースが溢れかえっているようだ。熟度1ではさすがにそこまで強くないが、レベルマックスまで行かなくても十分ふざけた強さをほこる(7/7現在、自分のカースは熟度20)。
容姿的には好みの要素はなかったんだけど、ロンゴミアント姉妹と断罪関係で交友があり、仲良くしてるところが楽しくて好きになった。今では自分の水パーティの不動の姐御。
・水SSロンゴミアント・オズ
3番目の秘書魔剣。このおっぱいで11歳、ゆるゆるな性格にまったり関西弁、そりゃドストライクで惚れるわ。魔剣の中で3本目となる全体回復ブレイズドライブ持ち。即死回避スキルがあるため、ガードでゲージを溜めている最中に事故死、ということもほぼない。汎用性はMPが低く使用ゲージが少ないルールメイカーに譲るが、リセマラでの候補にはなるだろう。
攻防のパラメータはカースに及ばないが、波動6を持つため最強の水パーティを目指すならほぼ入ってくる。
カースと同じく、ソウル・ジェネラルが適合。カースのほうが強いような気はするが。
・光SSバールのようなもの神殺
光最強魔剣。通称かよの。ハイランダーの適合魔剣(属性相性はさほど良くない)であるため、統一戦の上位でもヘルと並んでよく見る。
波動5を持つ光魔剣はほかに無く、統一戦を無視できるとしても光パーティを組むならぜひ欲しい一本。
91/53/73というボディスペックを誇る14歳だが、服装の関係でその有難味をあまり感じることができないのが悲しい。
・光SSレールガン・タブー
はじめて引いたSS。
白スク可愛いし、ぜひ使いこなしたい気持ちはあるのだが、いかんせん…。
欠点は光Sレールガンと同じなので、詳しくはそちらで。
破損していると攻撃力が上がる波動持ちだが、それを活かして戦う機会があるかどうか。
SS強化は行われているのだが、麻痺回避という非常に微妙なスキル追加に留まった悲劇。適合ソウルであるはずのガトリングが麻痺回避を持っているので余計に悲惨である。
・闇SSグラム=オルタ
waveごとの自己回復しかスキルを持っておらず、Sグラムに劣るSSとさんざん言われていたが、SS強化により闇波動5が追加され晴れて表舞台に躍り出た。
2016年末には適合ソウルがタペストリーと共に配布される予定で、一気に押しも押されぬ強魔剣となりそうだ。
・闇SSラストリゾート・ジョーカー
2016年7月登場魔剣であり、個人的には4番目の秘書魔剣(2016/07/28現在)。「逆転の魔剣」という触れ込みを反映するため、「破損すると攻撃力上昇」「HPが減るほど攻撃力上昇」の2種類の波動スキルを持つ。アロンダイトと異なり、「HPが減るほど攻撃力上昇」のソウルとは相性が良くないのだが、SSというポテンシャルに先の2スキルが合わさることで超絶火力を持つ。統一戦を征しうる戦力であることは、一位を連続して取っている廃人プレイヤーが証明済(ソウルはオラトリオ)。
自分もレベルマックスまで上げてしまったが、オズと入れ替えて統一戦で使うかは悩み中。
あと可愛い。容姿も可愛いけどとにかくセリフ可愛いんだよこの娘。ナチュラルに甘えてくる。
・火S塵地螺鈿飾剣
統一戦警戒S魔剣の一角。ナメてかかるとループで瞬殺必至である。上位採用率はかなり高い。
・火Sフライパン
非常に火力が高いS魔剣。ループこそしないが、うかつに殴られると一気に殺される可能性が高い。
自分で使ってみると、割とモーションが重たく感じる。適正ソウルはパティシエ。
2016年7月下旬開始のCMキャンペーンにて、無料配布されることが明らかになった(キャンペーン中のログインボーナスとして配布される交換チケットを1枚使用)。火の火力枠を拡充したければ有用な選択肢。
・火Sタウロシア
おっぱい。
圧倒的おっぱい。
………。
………いや、イベント魔剣にしてはかなり強いと思うw熟度75要員としてとても頼りになる。
・火S陽菜さま
麻痺マスター。自分は陽菜さまイベントの時にこのゲームをはじめたのだが、当時はとてもとても収拾などできなかったので熟度5でしか持っていない。
とても汎用性が高い立ち回り(麻痺ループ)を最も安定させやすい魔剣なので、鍵が使えるようになった今、育てようか思案中。
・火Sアロンダイト
統一戦荒らしのメダル魔剣。16/07現在、かなりよく見かける。
適合ソウルがハイランダーである上、自分自身も「自身の損傷率が高いほど攻撃力がアップ」スキルをLv4(極の場合)で有しているため、HPを削った状態での攻撃力が尋常ではない。全体攻撃スキルの攻撃力低下効果もものともしない。
メダル魔剣なのでレベルマックスまでにS鍵を結構食うが、SS魔剣を育てるまでもない(どうせループするのだから、背後は熟度無視でヘル極とカグツチ極でも適当に置いておけばいい)というメリットは圧倒的に大きい。
統一戦で敵に回す分には防御性能が貧弱であり、体力フル状態で登場するため攻撃力も大したことはない。一蹴できるだろう。
・火Sリーゼ
2016年8月追加魔剣。一応Sの当たり枠(アイギスより出にくい)なのに、明らかにアイギスより使い道がないという恵まれない魔剣。
フルヒット攻撃力はそこそこあるのだが、火投擲だから適合ソウルがない。そしてスキルが使い物にならない。ジャストガード時にバリア強化といっても、即死級のダメージをそこそこ抑えられる程度の意味しかないし失敗したら結局即死。あとはHP上昇だけ。さらにブレイズドライブの追加効果も、あっても無くてもいいような攻撃全体化。コレが役に立つシチュエーションってどんなんだ。ペシェ狙った副産物として熟度は75だが、どうにも活躍のしどころがない。
・水Sマビノギオン
みんな大好き水っぱい。ブレブレをプレイしていて、もっともよく見る顔だろう。自分で使わなくても、討滅でいちばんよく見かけるのが彼女であるはずだ。初心者限定クエスト・討滅作戦の対象であるから、彼女を全く育てない人は珍しかろう。容姿も抜群だし。
波動スキルがあり、レベルをそこそこ上げればキノコリオンを無傷で突破する程度は楽勝になる。
難点があるとすれば、ホントに誰でも持ってるので特別感が皆無、ということくらいか。
・水Sパイ&シーズ
この姉妹を見てこのゲームはじめました(真顔)初代の秘書魔剣。
決して強くはないし、同じ全属性速さアップスキル持ちでもぎんいろのほうが使いやすいので使用機会は正直ほとんどない。
もっとも難点はそういうことじゃなくて、改造するとスク水にフリルがついてしまうことに尽きる。
せっかくの!!!スク!!!水!!!なのに!!!フリルなんか!!!つけて!!!どーすんだよ!!!(机バンバンバン
・水Sロンゴミアント
オズ姉妹に惚れて水パーティ作りました。11歳でこの体型…いい…。
性能的には、モーションアップ+自己回復というスキルが割と便利。単に強さを追い求めるなら波動持ちと替えてもいいのだろうが、先頭に置いて多少傷ついても適当にwaveのある場所にお出かけすればさっさと全回復、というのは嬉しい。
強いとまでは言わないが、愛があれば十分運用できる娘。レベルマ+完熟達成済。
…という感じだったのだが、16/07/13にウルトラマリンが登場したことで、モーションアップ担当としてルビーパレード常任となった。自分の運用としては、他のクエストでも使いたいので魔力を0にしたり補給したりする必要があるためちょっと面倒。
・水Sウルトラマリン
16/07/13に登場したメダル交換水魔剣。てってってー。
恐ろしい攻撃ヒット数(極で++)、そこそこのモーション、何より獲得ルビー&サファイアアップスキルを持つ、ルビーパレードの申し子。ファイアカード一択とされていた稼ぎ担当の座をひっくり返した。
測定していないが、おそらく最適セットなら20秒以上残してルビーパレードをカンスト(39万)してしまうだろう。
バステトを持っていればファイアカード、ロンゴミアントを持っていればウルトラマリンをメダル交換するのが全プレイヤー共通の推奨行動と言える。
キャラ萌えポイントも個人的には結構高め。なんちゅう水着ですかねコレは。
・水Sセイバートゥース
猫じゃないんだし!虎だし!
2016/08に登場したイベント魔剣。水騎槍多すぎである。
水・風・火の攻撃力上昇スキルを持つ。改造前はそれぞれレベル2でしょぼいスキルだと思わせて、改造後は一気に全部レベル4になる。
同じ水騎槍のリヴァイアサン(水波動4持ち)と立ち位置が被っているため、すでにリヴァイアサンを育てている場合はあまり必要ないかもしれない。(→2016年9月登場のロードオブヴァージンに、二人とも波動レベルは追い抜かれた。詳細下記)
攻撃力と打たれ強さではややリヴァイアサンに利があるものの、MPはセイバートゥースのほうが低い。もっとも、リヴァイアサンのMPもかなり低い部類。少量でも魔力節約にこだわるか、ディルンウィンのように統一での釣り編成に使うことになるだろう。(セイバートゥース~エア~ヘルとか)
全体的に雰囲気がえっちくさくて良い。破損の仕方も乙。
・水Sロードオブヴァージン
また水騎槍かよ!リヴァイアサンセイバートゥースの出番争いを亡きものにする水波動5持ち(改造後)。
もっとも、3魔剣の中で最も最大MPが多い(168)ため、少しでも火力を上げたい状況でなければ無理に採用することはないかも。
・風S正宗
素の能力は大したことないのだが、ソウルケンゴウと組み合わせるととんでもない攻撃力を発揮すること、Sでは非常に希な1ゲージブレイズドライブ持ちであることから、広く使用されている。
・風Sディルンウィン
らぶらぶディルンちゃん。かなり好き。おっぱ(ry
パラメータ的には弱めに見えるが、ハイランダーが適合ソウルであるため統一戦攻略向け魔剣の一つ。
波動を「風」「火」2属性に対して持っているという珍しい魔剣で、先頭と2番手を火属性にして3番目にディルンウィンを置くことで水パに手傷を負わせるのはほぼ火パの常套手段になっている。2016/07以前は鍛え上げた水パならばディルンウィンに触らせることなく倒すことができたのだが、防御60%のアンドロイドソウルに持たせることで………。
自分は彼女を熟度75にしているので、普通に風属性での稼ぎに使ってる。
2016年7月下旬開始のCMキャンペーンにて、無料配布されることが明らかになった(キャンペーン中のログインボーナスとして配布される交換チケットを1枚使用)。かなりガチャで出やすい魔剣なので、宗教無課金でない限り強いてお迎えしなくてもいいだろう。好みなら別。
・風Sヘカトンケイル
どうやってこの子、林檎の審査通ったの?ちくび見えてると思うんだけど…。服の陰ならいいの?そう…。
格好以外はあまり特長があるわけではないが、特に弱くもないので好みなら使っていける。
・風Sセイブザクイーン
アンソロジーコミック特典。25冊買えば完熟できるのかな?
1冊持ってるはずなんだけど本棚の奥に入ってしまっているのでコード使ってない(アンソロ自体はこのゲームをはじめる前に買った)。
適合ソウルがあり、統一戦候補の一角。何気にバリアが強いらしい。
・風Sカタストロフ
メガネな妹ちゃん。波動持ちであり、風パーティの一員として十分な強さを誇る。
できれば姉妹でコンビを組みたいし、イデア姉さんの強化を強く運営に望みたい。
適正ソウルはパティシエ、2016年8月末の裏ショップにて復刻。
・風Sヴェロニカ
黒シスター。スキルはwaveごとゲージ増加&勇気分解回避。BDは自分HP回復のみでゲージ8本使用。
あまりパッとしない性能だが、丈の短いむっちりシスター服(よこちち)は。大変眼福なので良しとすべきか。
・光Sルールメイカー
リセマラ候補筆頭。オズが登場した今でも、リセマラで誰を狙うべきかと聞かれたら第一に彼女で良いと言う。
HP回復ブレイズドライブはもちろん最重要要素だが、MPの低さがとても便利。
攻撃性能もさほど悪くはなく、ちゃんとレベルを上げれば十分に活躍できるレベル。
冒険のおともに、ぜひ居てほしい一本だ。自分はリセマラとかしていなかったので、彼女を引くまで大変だった…;
・光Sアリエシア
光メダルの中ではまずまず強い波動持ち魔剣。魔力効率もまぁまぁ。
レオイベントのパワー持ちだった&好みだから使ってる。メダル魔剣の育成はほとんど鍵しかないので辛い。
・光Sぎんいろ
全属性速さアップスキル持ち。ルビーパレード要員。
ちゃんと鍛え抜けば割と強いらしい。ルビーパレードに使う場合は、鍛えてしまうとキノコを殺してしまうのでほどほどに。
2016年7月下旬開始のCMキャンペーンにて、無料配布されることが明らかになった(キャンペーン中のログインボーナスとして配布される交換チケットを1枚使用)。ルビーパレードにはほぼ必須の魔剣なので、持っていなければ十分選択肢となる。
・光Sホーリーナイト
クリスマスツリーじゃねーか!
アリエシアと同じく、レオイベントのパワー持ちだったので育てた子。魔力効率もまぁまぁで、それなりに強い。
・光Sレールガン
2番目の秘書魔剣。はじめてレベル215まで育てたS。ブルマが!好きなんだよ!(カミングアウト)
性能的にはとても微妙。フルヒット攻撃力こそすさまじいが、3連撃の最後が遅い。とにかく遅い。遅すぎる。初撃も速くはない。
味方が折られると攻撃力が上がる波動スキルを持っており、これを利用した戦術は一応可能。とにかく3連撃目が遅すぎるため、きちんとタイミングを考えないと自分が折られておしまい。
とどめにスキルがHPアップ。
レールガンはHPが高くて防御力が低い上、3連撃目のせいでダメージを貰いやすい。スキル込みで24000がごっそり減る。これをルールメイカーでちまちま補修する作業は泣ける。
それでも愛のために光のエースとして使い続けている。せめて、適合ソウル来ないかなあ。
2016/08に連弩のモーションと速度とヒット数を上げるソウル「ガトリング」が出たが、合致属性が風闇で光はからっきしであるため、レールガン姉妹の不遇はまったく変わらなかった。哀しい。
・光Sメイプルシャフト
このゲームのマスコットキャラ&お知らせ告知キャラである「メイちゃん」が一周年記念イベントで魔剣として登場したもの。
可愛いのだが、スキルの「自分の攻撃でのみ獲得ルビーアップ」が使い物にならない(本人の攻撃モーションが遅すぎて、スキルを考慮してもファイアカードのルビー回収能力に遥か及ばない)。育ててもパラメータがことさら上がるわけではない。それでも何とかして活用しようとするプレイヤーは居たのだが、同一スキルを持ちモーションも優れているウルトラマリンの登場によってほとんど完全に置物と化してしまった。
2016年7月下旬開始のCMキャンペーンにて、無料配布されることが明らかになった(キャンペーン中のログインボーナスとして配布される交換チケットを1枚使用)。可愛いのは可愛いので、一周年イベントの後でプレイはじめたから持ってないんだよ!欲しいよ!という人は交換するかもしれない。
・光Sラストリゾート
2016年7月新規実装の光魔剣。ほぼ全ての状態異常を無効化するスキルを持っており、割合ダメージによる確殺すら無効にする。ただし『確率発動』。改造しても、完全に無効化できるのは即死だけ。バクチ性が高すぎるので、実戦的な魅力は低い。イベントなどで周回に組み込んでも、いつかは直撃を食らってパターンが崩れてしまうだろうし。パラメータ自体はそこそこ高く、愛があれば使えないことはない。
姉がナチュラルに甘える可愛さなら、こちらはストレートに媚びる可愛さ。くやしい…でも愛でちゃう
・光S神器アイギス
2016年8月新規実装の光魔剣。改造後波動5持ち(かよのに続いて2人目)。かよのループのバックアップとして統一戦に入るほか、多くの局面で無難に使っていける。攻撃力はそこそこだが(Lv215で攻撃力7220、6-5-8hitでフルヒット137180、防御5850)、MP108なので燃費はかなり良い。防御の脆さには注意が必要かも。
アリエシアを愛用してきた身としては、多くの性能についてアイギスの下位互換となってしまい複雑な気分(波動4、武器種同じ(戦斧)、MP187、Lv215攻撃力5850、4-5-7hit、フルヒット93600、防御7800)
ガチャとしてはハズレ枠(アイギスのほうがリーゼより倍くらい出やすい感覚)なのだが、リーゼの性能がダメダメすぎてアイギスいっぱい引いたほうがお得という謎の状況になっている。
・闇Sシュムハザ
波動4持ちだが、本人の攻撃性能はあまり高くない。MPは99と効率はよいのだが、同じ波動4持ちでMPが25しかないベルフェネスには劣る。
攻撃力が非常に低いことを逆に生かし、闇の泥人形で先頭に出してヒット数を稼ぐ方向で使っている。
魔剣の中では指折りの「学園ものギャルゲの攻略対象」っぽい娘。
・闇Sバールのようなもの
全体回復スキルを持つ3魔剣の一角。通称ばよの。オズ登場前はルールメイカー(ルルメ)か彼女を引くまでがリセマラ、と言われていた。実際のところ、ばよのはMP効率がイマイチなので、えり好みできるならルルメのほうがいいだろう。オズは……SSをリセマラで選んで引けるほどの精神力と時間があるなら目指してもいいんじゃないかな…
2016年7月下旬開始のCMキャンペーンにて、無料配布されることが明らかになった(キャンペーン中のログインボーナスとして配布される交換チケットを1枚使用)。リセマラが面倒臭ければ、ばよの交換で十分な気がする。
・闇Sダインスレイフ
「波動持ちのSS魔剣が皆無」である闇属性。にも拘わらず統一戦では闇を割と多く見かける。その主因が彼女と魔剣グラム。これらの2魔剣は、攻撃性能だけを取って見ればSSに匹敵する。ダインスレイフは晩成型で、強みを見せつけるためにはきちんとレベルを上げる必要がある。
・闇S魔剣グラム
ダインスレイフが晩成型で、魔剣グラムは早熟型。レベル100にも満たないうちから相当な強さを誇る。
10連ガチャでは非常に出にくい魔剣。闇属性限定ガチャで製造方法をきちんと選べば出やすいのかもしれないが、検証はしていない。
2016年7月下旬開始のCMキャンペーンにて、無料配布されることが明らかになった(キャンペーン中のログインボーナスとして配布される交換チケットを1枚使用)。闇の火力枠として強力であり、有効な選択肢の一つ。
姉妹魔剣グラム=オルタ共々、2016年末にタペストリーと併せて適合ソウルが配布される予定。
・闇S龍の髭
絵的には非常に可愛くてえろっちぃのだが、スキル面でもパラメータ面でも見るべきものはない。
それでも割と使い手を見かけるし、やはり可愛さは重要である。
・闇S魔天猫ルコ
2016年5月のイベント魔剣。8月に再配布イベントが行われた。5月の上位報酬または8月のイベント取得アイテム交換対象であるソウル「魔天猫リーナ」が適合ソウル。
非常にMPが低く扱いやすい。素の能力は低いが、リーナによる底上げがあるため十分戦える。waveごとにBDゲージが1本増えるスキルもまぁまぁ便利で、消費MPを抑えたりBDを撃つ機会を増やしたり、と色々な局面で活躍できうる便利魔剣。
はいてない魔剣。多分前貼り。破損画像がとても際どい。
・闇Sバステト=フェイク
通称テトにゃん。火Sバステトの偽物なのかレプリカなのか、ともかく裏表の存在。あと、とにかくうるさい(笑)でも魔核崩壊は泣ける。
公式サントラ特典魔剣。サントラは2016/8/27発売だが、2016年夏コミのグッズセットに同梱されており、入手はこちらが最速。グッズセットには同じく8月末発売のタペストリーも含まれており、この魔剣の適合ソウルとなるガトリングが入手できる。
闇では初となる波動5持ち。単発の攻撃力は寂しい値だがヒット数が多く、フルヒット攻撃力は高い。ヒット数を大幅に伸ばすガトリングとの組み合わせで、さらに高い攻撃力が期待できる。ただし狩猟神スキルも持っているため、実際の攻撃力がわかりにくい。波動5を生かしてジョーカーやグラム、ダインらと組んでいくことが有効そう。
コミケのグッズセットには改造に用いるアイテム等が付属しているが、こちらを使っても熟度は13にしかならない。まぁ、メダル魔剣だと思って育てればいいことなのだが。
衣装がやたらとエロい。特に改造後と破損。林檎の目をすり抜けていくスタイル。
・闇Sヴァルゴ
2016/08月末イベントのポイント報酬魔剣。ジェミニアより更に尖った自分至上主義を貫く子なので、合わない人には合わないらしい。
テトにゃんに続く闇波動5持ち。本人の攻撃力はさほど高くない。統一戦ではジョーカーループの後衛として使うのが無難か。また、適正ソウルである「スクールガール・お嬢(同じイベントのギルドポイント上位報酬)」に持たせることでBDをゲージ1で放つことができるため、クエスト系では立ち回りに期待がかかる。
・闇AAベルフェネス
AAなのに改造後は波動4を持つ規格外の魔剣。レベルマックスでのフルヒット攻撃力も65070と、そこらの闇Sに負けていない。さすがにHPや防御は低め。そしてMP、脅威の25。とんでもない低さ。猫耳スクール水着(改造後は白スク)というあざとさを含め、すさまじい存在感を誇っている。MPの低さゆえか、統一戦闇セットでの採用率はかなり高い。意外と13歳。もっと下でも良かったような。

*1:5%と誤記していたので修正。攻撃の上昇倍率はソウルごとに異なるが、攻撃力が上がるHP率の区切りは同じようだ

*2:特定のソウルはセット全体の魔剣の速さを上げることができる