読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墓地の帰り道

ネットの隅っこでぐだぐだ。

デレアニ墓地

(2015/10/19更新、8/10-10/12の各話感想は削除)
せっかく一期をまずまずいい感じにまとめたのに二期が全体的に蛇足すぎてどうでもいい作品に落ちてしまったというのが正直な感想。
シンデレラストーリーにはイジワル継母が必要だよね!と常務を出したり、さも敵役であるかのようにクローネをちらつかせたりしたものの、結局「悪役」を出しきるような覚悟はなく既存のアイドルを憎まれ役にすることもできず、「常務もクローネもまとめて要らないよね?」という状態になってた。


常務は、実利主義と見せかけて単にメルヘンポエマー。部署を潰すといいながら潰さない、芸人アイドルのキャラを変えてもらうといいながら武内Pの下でそのまんまやってても首にしない。だいたい、計画したプロジェクトをちゃんとやるという視点を持ってるなら、楓にもなつきちにも反論させる意味などない。「あっそ、会社の方針に従うのが嫌なら辞めな」でいいはず。でも、誰も辞めさせない。卯月ですら、自分でナタを振るうそぶりを見せながら結局なにもしない。
そして、最終回ではアイドルの枠を大きく奪う常務vs.武内Pのしょーもないポエムバトルが延々と展開。みんなちがってみんないい。はいはい、聞きたくないから。


バラバラだったメンバーがひとつにまとまって成果を出す一期では「シンデレラプロジェクトって何?このメンバーである必要があるの?」という疑問はうやむやにしても問題なかったが、二期になってそれぞれのアイドルが自己を問い直す展開にした結果「別にこの子たちシンデレラプロジェクトって集まりにこだわる必要なくない?」となってしまい、実際最終回では全員それぞれの活動へ。コレだったら別に常務に解散させられても大差なかった。というか二期生って何よ?シンデレラプロジェクトってそういうのだっけ?一期生の引退イベントでもやったの?


アイドル個別の描写に限って見れば良いところも多々あったし、アニメ化がまるごと無駄だったとまでは思わないけれど、本筋として扱われたストーリー(特に常務絡み)が全部蛇足だったせいで見終わった後の疲労感がとても強かった。


さんざん総集編を撒いて時間を稼いだ割に、作画の満足度も最後まで微妙だった。1話の振り向き卯月に匹敵する作画はその後ついぞ無く、期待する意味がなかった。特にライブシーン、2期は新曲こそたくさんあったがどれもこれも酷かった。手描きにこだわった結果がこれだよ。素直にCG使え。デレステであれだけ出来てるんだから、しょぼい手描きにこだわらんでも良いライブシーンが描けるはずだろう。公式のtwitterがM@GIC作画班の呟きをリツイートしていたが、似たようなシーンを延々描き続けるのが大変だった、ということを喧伝されても「今時なに言ってんの」としか感じない。似たようなシーンを描くためのマンパワーを大きく節約するためにCGがあるんだろう。ニュージェネの新曲には回想を突っ込むわ、M@GICもたいして動かないわ。M@GICの終盤みんな並んで棒立ちだったのは、演出とは認めがたい。


ついでにボイス追加について。下手にアニメサプライズをやったせいでさんざん期待を持たされたが、主担当二人のうち一人は絵だけ出て喋らず、もう一人は絵としても全く出なかったので、期待感がまるごと無駄になった。
ゲーム本編で声が追加されるアテもないし、26話にひょこっと出てこない限りここまでか。モバマスもデレステも引退だからいいけどさ。
まぁ、ボイスがつきそうもなかったけど好きなアイドルに一部声がついたのも事実なので、それっきりにしないでほしい。デレステで活用する手もあるようだし。

広告を非表示にする