読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墓地の帰り道

ネットの隅っこでぐだぐだ。

20161226

今年も終わりか。
前々から思っていたことだが、いいかげんtwitterの自分TLが腐れてきてるので年末にぱーっと垢消す。
冬コミはどーすっかな。企業はちょっと覗きたいんだが。
チケットのアテが見つからなければ三日目はもういいや。寒いし。


さて、もろもろアニメ最終回。
格ゲーランクっぽく評価するとこんな感じか。


S 名作
響け!ユーフォニアム2(残り1話)
A 良作
・装神少女まとい(残り1話)
灼熱の卓球娘
B 普通
・SHOW BY ROCK!#
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
・終末のイゼッタ
・ナゾトキネ
・あにトレ!XX~ひとつ屋根の下で~
奇異太郎少年の妖怪絵日記
魔法少女なんてもういいですから。(セカンドシーズン)
ステラのまほう
C 駄作
最後まで見た駄作は今期なし。
Z 出来云々とは違う意味で酷い
・ガーリッシュナンバー


番外
○たぶんBD買う
・あにトレ!XX~ひとつ屋根の下で~
nasneに残す
 特に無さそう


 順に。
響け!ユーフォニアム
 一期は良作だったと思うが、二期は凄まじかった。
 作画、脚本、演出、音響、全てにおいて他と格が違いすぎる。
 TVアニメのクオリティを軽く飛び越えていた。
 ここまでの作品には数年に一度会えるかどうか。脱帽。
 一回見たら満足してしまうためか、円盤欲しいとは思わないんだけど


・装神少女まとい
 ゆまちん覚醒のあたりから化けた。
 ストーリーにこれといって飛び抜けたところはないが、キャラクター描写が可愛く丁寧。
 ゆまちん円光本もっと出ろ。


灼熱の卓球娘
 アニオリってのはこういう風に、原作の味を損なわずなおかつ補強できるように作るんだよ!!!!!
 よく見てろァくまみこのクソスッタファ!!紅殻の最終回書いたクソ高橋ァ!くたばりぃゃァ!!!!!!
 ………ま、そんなこと言ってたら京アニの一部原作ものなんて大変なことになってるけどな(素)
 ともあれ、幸福な「アニメ化」というものを見せてもらった。
 残念なのは試合になるとブルマではなくなってしまうことくらいだが、コレは原作もそうだしそもそも当たり前なので仕方がない…


・SHOW BY ROCK!#
 最終回で評価-1。なんだあの作画。80年代アニメじゃねーんだぞ。
 BDではさすがに直すものと信じたい。別に買う予定もないが。
 ストーリーがなげやり予定調和なのはこの作品の味だと思っているので、そこは減点要素ではない。
 全体的な流れは一期の焼き直しで、最終回については一期よりも適当な出来。
 レトリーロージア和解回など、見るべきところはちょこちょことあった。
 せっかくロージアがレギュラーになった割にはパイズリホールを眺める回が少なかったのは難点。
 無理して30分アニメ作る素材じゃないし、次はしょーと2期で良い気がする。


ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
 38話~39話前半のテンポの悪さで評価-1。
 4部の決戦は地味な舞台で地味なボスと地味に立ち回る話で、荒木演出によってこそカッコ良くなていたのだということが残酷なまでによくわかった。
 仗助サイドのキメゼリフがいちいち長く、待ってあげてる吉良さん優しいなーという感じ。特に億泰と早人。
 とはいえ、トニオ回をはじめ、良い回はとことんよく出来ていた。
 アニメオリジナルとなる、39話終盤のエピソードも楽しかった。
 杜王町は人外に優しすぎるw親父が外食してても周囲がたいして引いてる様子がないし、億泰が「ま、いっか」と楽しそうで何より。


・終末のイゼッタ
 不幸すぎず、都合よすぎず、イゼッタ生還エンドとしてはごくごく無難なところに落ち着いた。
 ただ落ち着いただけで、すっきり終わった感はない。
 ゾフィーが裏切りに激昂していることへのイゼッタの回答は「私だったら笑って火あぶりにされます」だったわけだが、お前がそう思うからってゾフィーもそういう風に受け入れなきゃならない理屈はないだろう。
 やっぱりあの元気玉で姫さまの国とドイツまとめて地上から消滅させるくらいで良かったんじゃないのかね。
 魔女の力を弄んだことに対する報いが無さすぎる気がするのよな。
 エロ的には、イゼッタがあのイゼっぱいで15歳という設定はとてもいい。


・ナゾトキネ
 ビッチがエロコス着てるのを眺める以外に何もないストーリー。なぞなぞはただのオマケ。
 でも個人的にはそういう潔いの好きだったよ。
 元キャバ嬢のライバルだけは全く要らなかった。せっかく出した女子高生あたりを変身させろ。


・あにトレ!XX~ひとつ屋根の下で~
 「さくらが中学生」で評価大幅マイナス。
 ヘタレてんじゃねぇぞクソ!!!!!が!!!!!!!!!!!!!!
 どう見ても小学生だろうが…!シャンとしろや…!!
 ったく、低年齢エロキャラ出すのに腰が引けすぎだろがアニメ界。ほんとムカつく。
 一応BDは買う予定。年齢のことを置いても、さくら出番少なすぎるだろ畜生。


奇異太郎少年の妖怪絵日記
 雪ん子は可愛かった。すずのミニスカはエロかった(ちょっとくらい見せろや)
 ババア二人はどうでもいい。
 それなりに可愛くてそれなりに面白かった。記憶に残るかっていうと残らないだろうが。


魔法少女なんてもういいですから。(セカンドシーズン)
 結局アニオリのダイヤちゃんはただの賑やかしなんだな…よくわからんアニメ化だ。
 薄い本の素材としてはそれなりだと思うが、ゆずか本くらいしか見たことがない。
 ダイヤちゃんどうにかしてやってくれ。魔法で脳いじってモブ奉仕という方向でよろしく。


ステラのまほう
 割と普通に見ていられる出来だった。
 最終回のOP曲フルを用いたエンディングはかなり良かった。
 とはいえ、最終回を見た3日後に存在を忘れていそうではある。別にエロ見たくもないし。


・ガーリッシュナンバー
 作ってる奴の保身まみれのゲスさがビンビン伝わってくる迷作。
 渡航がのさばっていられるアニメ界はおかしい、って話だった。
 本人はこういう叩かれ方されても「そうっすねゲヘヘ(でも俺だけは儲かるっすよ)」と薄笑いを浮かべていることだろう。
 薄い本的には、七海の無知シチュキモおっさん枕ものが読みたい。八重とJKも許容範囲。
 千歳は心の底からどうでもいい。行きずりの浮浪者に適当にハメられてゴミ溜めに逆さに突き刺さるくらいがちょうどいい扱い。
 実際は兄貴のチンポを兄貴が寝てる間に一心にしゃぶっていそう。兄貴は兄貴で千歳を睡姦してる雰囲気しかないが。

広告を非表示にする

もろもろ最終回手前

だいたいのアニメが残り1話になってきた。
・SHOW BY ROCK!# →
みんなで戦うぞ!って展開から全員あっさり拘束されるのも笑うし、そこにメープルロボっていう斜め上っぷりも笑える。
シリアスになりそうであまりなっていないのはSBRの魅力というべき点だと思ってるから、コレでいいんじゃないかと。
登場時にはぶっさいくだった闇の女王が、元美少女設定を経て普通に美女化してた。まぁ、普通に浄化エンドかな。
あとはシアンを元の世界に戻すにあたってどうするか、だが。もう行き来自由にして良くない?…さすがに二重生活はシアンの負担が重過ぎるか。


灼熱の卓球娘 →
合宿で最終回を迎えるという、よそではまず見ない〆方になりそう。実質10話が最終回だった感。
ライバル出すだけ出しておいて試合シーン一切なさそうなのもある意味凄いw
普通こういう展開だと分割二期でしたーとかあるもんだが、この作品の場合原作ストックろくにないからなあ。
原作1コマの部分でアニメオリジナルを2話作り上げ、原作ファンから不満らしきものがほぼ見られないという凄い仕事をしたスタッフだから、どうしても二期が作れないとも断言できん。
とりあえずは、どう〆るのかお手並み拝見。


・ナゾトキネ →
最後までOLがきゃんきゃんわいわいしてるだけのアニメだったw
解音の「当然非処女ですが何か?好きな体位は後背位ですが何か?」みたいな感じ嫌いじゃないw
このアニメ、円盤にできるのかな…。公式サイトにも一切告知ないし。
最終回後の12/23にリアルイベントがあるみたいだし、告知あるとしたらソコなのか。
いや、売れるとは全く思えないし自分もわざわざ買わないとは思うが。値段と特典次第ではワンチャン…


・あにトレ!XX~ひとつ屋根の下で~ →
さくらの出番少なすぎた。担当回一度だけかいな。
………さくらの設定がJSじゃなかった時点で、そこまでのこだわりはなくなってるけども(身もふたもない)


響け!ユーフォニアム2 ↑
終始一貫して凄かった。
あすか回は言うまでもないとして、他もケチのつけようがない。
滑稽だったのは、11話に対する反応。他人の感想拾い読みするだけで笑いが止まらんwww
そりゃ経験ないから仕方ないのかもしれないけど、恋愛ネタに耐性なさすぎるだろwwwこんなん草生える


・装神少女まとい ↑
ゆまちん回の後は低調に推移するかなーと思っていたが、なんのなんの。なかなか魅せてくれる。
…まといを送り出す大人たち(父親ーズ除く)に関しては、結局あの手この手で背中を押そうとする本音を感じたがwある意味リアルだしそれはそれで。しおりが旅立った場所へ弥生さんがまといを連れて行くシーンの圧力よw


奇異太郎少年の妖怪絵日記 →
特にどこがどうってほど面白いわけではないにせよ、すずも雪ん子も可愛かったしストレスなく見ることができた。
これっきりで終わるのはちょっと残念。


魔法少女なんてもういいですから。(セカンドシーズン) →
いまさら突然のシリアス!
予想外すぎるが、まぁせっかく魔法が使えるんだから一度くらいはまっとうな活躍の機会が欲しいわな。
ミトンがクソ無能すぎて魔力がすぐ枯渇するせいで、泳ぎがうまい一般人以下の活躍っぷりだったけどな…;


ステラのまほう →
親ってな、子供が熱く創作論を語るくらいじゃそうそう絆されてくれないのよな…;


・終末のイゼッタ ↑
9話の展開から11話にかけてはだいぶ持ち直してくれた。
そもそもあの状況からイゼッタが助けられている時点で相当うさんくさいが。
先祖がゾフィーを裏切ったせいでこの事態になってるというのに、イゼッタにさらっと石を渡すジークさんはさすがとしか言いようがないw
ゾフィーの勝ちはもうないだろうけど、イゼッタが勝つのもモヤモヤが残るし厄介な設定だ。
ハッピーエンドと見せかけて最後の最後に魔力核が暴走して全世界を吹っ飛ばすエンドでもいいんじゃないかなあ。インガオホー


・ガーリッシュナンバー ↓
九頭もちーさまも反省しないクズだから成り立ってた話だけに、二人とも一気に崩して収拾つくのかよ?と思ってたら…。
結局二人とも別に反省とかせずに周りが勝手に褒めちぎってくれて復活しました、っつー。
アホくさ。あっさいチートラノベしか書けない渡の実力がよくわかる話だったな。
一番絶望的なのはこの展開がそこそこ評価されていること。つまり、渡は実力はともかく商業的にはとても正しい。
そういう意味で、この作品は「アニメ界なんざゴミ溜め」ってことをたしかに表現しきっていたのだな。
八重は腹黒と思いきや結局いい子、七海は一貫して天使。キャラも表裏あるように見せかけてぺらっぺらの一枚板だった…

20161121

検索以外で人が来るようなブログじゃないので、たまにアクセスが増えるのはそういうキーワードを踏み抜いた時だけなのだが、アイギスってやっぱり人気あるゲームなんだなーと。
ブレブレで何があって何を書いてもココに1日で4桁アクセスは有り得ないだろうしな;
まぁ、検索で来た人がほかの記事を読むでもないし、そろそろいつも通りのアクセスに落ち着いてきたのでゆるりと。


その他近況。
○アニメ
・SHOW BY ROCK!# →
灼熱の卓球娘 →
・ナゾトキネ →
・あにトレ!XX~ひとつ屋根の下で~ →
響け!ユーフォニアム2 →
・装神少女まとい ↓
奇異太郎少年の妖怪絵日記 →
魔法少女なんてもういいですから。(セカンドシーズン) →
ステラのまほう →
このへんは何だかんだで最後まで見続けられそう。
まといはゆまちん編が面白すぎたので、シリアス突入でテンション下がるのはしゃあない。先輩巫女さんえろかったけど。


・終末のイゼッタ ↓↓
味方を馬鹿に仕立てることで話を展開する手法を採用した作品は漏れなくコケる。
スパイてんこ盛り自体もアレだが、敵魔女に血の採取を許すイゼッタ&姫様も、スパイをご丁寧にご案内するメイド&近衛も、スパイの尻尾を掴んでるのに泳がせることすらできず出し抜かれるジークさんも、みんなお粗末すぎてアレだ。
カバネリと比較する声があるのも頷ける。アレも終盤に近づくにしたがって、美馬の相手がみんな馬鹿になっていったからな…;
このまま行けば真の魔女伝承の通りに魔女は磔になるしかないし、姫様はいいとこ服毒自殺くらいのオチにしかならないのだが、あまりにもバッドエンドフラグしか立っていないのでさすがに捻ってくるんじゃ…ない、かなあ
ハッピーエンドは元からあまりアテにしてなかったけども、もうちょい「面白く」してほしいところ。


・ガーリッシュナンバー ↓
Pがどんなにクソでも、声優の実家に押しかけて豪遊とかいくらなんでも有り得ないわな。
クズPが頑張ることで他キャラのクソさを「この程度は可愛いもの」と変換して伝える手法がこれまで通じていたが、単に「ありえない」クズ行動をされてしまうと白ける。水着回と温泉回を準備するために不愉快な行動をしているだけだしな…
放映当初は業界メタアニメだと思われていたが、今やあるある要素は消え去り、クセモノ女を萌えキャラにする実験場でしかない。
しょせん渡航の底はこの程度か。それならそれでサービスシーンはもっときちんと入れてほしいもんだ。

広告を非表示にする

20161118

なんだかアイギスの黒チケ関係でやたらアクセスが増えていたので、自分向けすぎる記述を少し修正して初心者向けの記述を追加。
本気で参考にする人がいるかどうかは甚だ疑問だけど、正直王子レベル10でアイシャをお迎えしても何がありがたいのかほとんどわからないだろうしな…。
自分も最序盤でアイシャを引いていたのだが、長らく「射程630のたこ焼きが強いとか言われても、覚醒なんて遥か遠すぎて無理だって!覚醒しないと大して強くないじゃんこの子!」と思っていたもんだ。
ナナリーは加入直後から本当に役立ってくれた。
イリスについては、サーリアのほうがコストを下げやすかったせいで、早めに引いてはいたけど長らくサブヒーラー扱いだった(現在はスタメン)。とはいえ、のちのち欲しくなることは間違いないしお迎えして腐ることもないので無難な選択肢だろう。


アルティアを結構推しているが、自分自身はジェローム派(というかオート援軍派)なのでアルティアは育ててない。とはいえ、ジェロームがいなければアルティアを育てていただろうし、金ソルジャーしかいない状態ならアルティアが加わることに損はないだろう。


あと需要があるとしたら無課金向けのおすすめなのかもしれないが、中断時期が長かった自分はイベユニの手持ちがまるっきり揃っていないので、無課金だとどういう方面の戦力が手薄になるのか正直ぜんぜんわからない。
ガチャ黒が全然いない前提で、より高難度を目指す上で行き詰まりを感じるなら最初はイリス安定だけど。

広告を非表示にする

【千年戦争アイギス】 ブラックチケット配布を前に

アイギスにてガチャのブラックユニットが一体選べるということで(さすがにここ半年新しく実装されたものは除くらしい)誰を選んだものか考えるついでにまとめてみた。


f:id:sbawr2015:20161117190413j:plain
※(訂正)ディーナの所にディーネのウリが書いてある。リンネのウリ「配置内→範囲内」。記号抜け等もあるけど、直すほどでもないので放置。
おすすめ度:チケット交換おすすめユニット。後述。
覚醒時バフ:ユニットを覚醒させた場合、どの対象にどのようなバフがかかるか。
撤退支援:ユニットを配置した場合、死亡しても☆が減らない対象。
ウリ:そのまんま。スキル覚醒を前提にしている。
灰色で示したのは、自分では持っていないユニットなので性能についてはwikiを見ただけ。
持っているユニットについても、ばりばり活用しているとは言いにくいものもあるが。
自分はリンネを選ぶ予定。


おすすめ度合はスキル覚醒を前提にしているので、王子が覚醒していてユニットもある程度覚醒が進んでいる状態を想定している。アイギスはじめたての王子が序盤を楽にしたいのであればおすすめも変わってくる。
(例えばアイシャは覚醒できなければバフの恩恵はなく、スキル覚醒できなければ戦闘能力は射程が短く火力が高めのアーチャーという程度でしかない)
初心者王子なら個人的には下記2ユニットがお勧め。

・イリス
 普通にヒーラーとして強く、のちのち王子軍が充実してもずっと使い続けることができる。
 スキルはクラスチェンジまで持っていければ十分強い(くれぐれもクラスチェンジ前にスキル上げをしないように)
・ナナリー
 攻撃力・射程・スキル時性能でバシラを上回るアーチャーであり、こちらも後々まで腐ることがほとんどない。


「ずっと使い続けることができる基本職」が無難な選択。なので、アルティアやエステルなども良い。不足している職を採用すれば即戦力になる。


初心者王子関連はそのくらいで、以下は表に書いたおすすめ度順(スキル覚醒まで育てられる前提)にコメント。
◎(3体) アイシャ、イリス、リンネ
このように分けはしたが、持っていないならアイシャがまずは鉄板。アビリティ、職特性、スキルの全てが状況をほぼ選ばず使用できる規格外のユニット。黒=脳死を象徴する娘であり、ミスリルゴーレムなど長射程物理攻撃アンチの敵以外には概ね滅法強い。場に出せなくてもバフだけで十分強い。
イリスがいれば物理ブロックユニットの性能がそこそこでも大体の場面は切り抜けられる。特別物理防御力が高いユニットと組み合わせれば魔神級の敵をブロックすることも可能。王子軍の質によらず常に活かしどころがある。
リンネは配置5秒で射程396の範囲に回復をずっとばらまき続ける性能がオンリーワン。攻撃力は低いのでカンストまで育てることが前提になるか。大討伐動画の常連らしい。


○(2体) コーネリア、マツリ
少なっ。◎と混ぜちゃってもよかったかな…。どっちも持ってないし、○は「◎かどうかわからないけど有用」程度のつもりで・。
コーネリアは物理、魔法防御ともに非常に充実しており、魔神級攻略ではほぼ常連のようだ。
マツリは第二覚醒で自身のコストを下げる選択肢があり、自身を配置してから一気にアビリティ効果(後続コスト-3)でユニットを展開する戦術が強力…だな、と動画で思った。


△(11体) アルティア、アマンダ、カヨウ、リオン、ナタク、ラクシャーサ、ナナリー、エステル、キキョウ、フレデリカ、トワ
エスタ、グレースなども迷ったがとりあえずこの形で。
アマンダはゴールド・プラチナアーマーを集めるのであれば持っておくにこしたことはない、というだけで入れた。戦闘能力については、強いて使うほどの理由を感じないが…。


他はこんな感じ。
同クラスの他ユニットで代用できなくはないが、性能が頭一つ抜けているためいると便利:
 アルティア、リオン、ナナリー、エステル
クラス自体は賛否分かれるが、同クラスの他ユニットで代用できるレベルを越えて強い:
 フレデリカ
特別な持ち味があり、特定の局面で大活躍できる:
 カヨウ(画面上全ユニットに割合ダメージ)、ナタク(避雷針性能◎)、ラクシャーサ(最強トークン)、トワ(範囲内一律鈍足)
編成バフ効果がとても有用:
 キキョウ(味方一律攻撃+7%)

20161116

・ブレイブソードxブレイズソウル
新SS(裏魔王祭)は1500連ほどしてなんとか新SS引いた。
ほぼフルダイヤバックなのだが2倍ダイヤ買いつくしてさらにダイヤ175追加しちゃったので割と痛かった。
しかし相変わらずメチャクチャな確率のガチャだな…今回だけならともかく、毎度500連からが勝負だからな。1%?ナイナイ


そんな新SSなのだが、苦労が報われるほど強いかというとそんなことはない。
弓矢につきものの3段目激遅モーションは相変わらず。あとエフェクトが強すぎて1段目や3段目でガードボタンを連打してるとポケモンショックか!みたいな気分になる。
せめてヴェロニカ=エフのように波動6持ちか、モーションアップ持ちなら良かったのだが、現実は風波動5+風速度6なのでどうにも中途半端。
窮鼠効果があるソウルと記憶結晶を使って速攻で蹴りをつける戦法が主流になっている環境では、速度アップを活かす局面が減っているので猶更だ。
可愛いのは可愛いんだが、人形という設定であるため破損しても表情が変わらず、ちょっと損した気分になる。


風SSはコレで5本とも持っていることになるのだが、どうも一長一短である。
無難に強いのはゲイボルグ=ゼロ。モーション含めた強化で、ゼロに迫る強さになったのがエア。初期からいるこの2本が結局無難。
ヴェロニカ=エフの波動6は唯一無二だが、モーションがあまりにも遅い。
カタストロフ=イデアはモーション的には最強クラスの速さだが、強さを伸ばすスキルを持っていない。wave進行のあるイベントならゲージ増加を活用できるが…。ぶっちゃけ波動持ちの妹のほうがはるかに使いやすい。
統一戦で見ると、猛威を奮う火属性(主にアロンダイトのせい)に弱いというのが辛い。


現在のSS保有数は下記(16/20)。
火:3/5 (非所有はアマテラス、ペシェ)
風:5/5
水:3/3
光:3/4(非所有はオーア)
闇:2/3(非所有はスカー)
SSの熟度は最低でも7(極でLv.100になる)にしている。例外は小槌(熟度3のまま)。唯一極にしていないSS。いちおうハートはつけたけど…;
熟度99を目指す予定はなく、レベルマは2人(ジョカ(熟度41、38にした後で1人引いた)、オズ(熟度38))。


最近、闇波動5がオルタ・フェイク(テトにゃん)・ヴァルゴと一気に増え、自分の統一戦編成はジョカオルタフェイクで安定した。(MP効率激悪)記憶結晶をつけた上で負けたことは今のところない。ますます攻撃偏重に…。
今はループだけで頂点は取れず、上位を目指すならボーナスを意識した編成にする必要があるようだが、どうせAndroidで十傑は無理なので趣味編成でいいや、という感じ。


最近は裏魔王祭しか回さない(表魔王祭はメダルにおまけがつかないので損)ので、逃しているSSを取得するチャンスがない。次にSSを選べるチャンスが来たら欲しいのはペシェかな。選べなければスカー。まぁ見た目の好みを最重視。


イベント?
指示通りの編成でダラダラ周回するだけ、ルナティックのボスも強いわけではない(窮鼠アロンダイト使いなら初見でワンパンだろう)…と、攻略要素がほとんどない。消費MPをどこまで減らせるか考える程度だろう。
なにより、限定ソウルを取った後でイベントを続けるに足る理由がない(貢献度2500ごとに錬金素材3はあまりにもショボい)。最低でもそこは素材5だろ。後半戦で効率8倍の討滅でも来れば…。それでもなお価値なさそうだな…。
というわけで15000稼いだらもういいや、という。イベントトップページの魔剣がオーガニクスなのは何故なんだろうか。

広告を非表示にする